まりん発行メルマガ☆編集後記から


by mmskt
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

特別編 Vol.4

【ネイティブ流ひとこと】


 ◆ Happy holidays!!!(ハッピーホリディズ!)


 (前半のつづき・・・)

 日本でもクリスマスの乾杯のことばに「メリークリスマス!」と言ったりしますよね。


 でもアメリカでは "Merry Christmas!!" が減少傾向にあります。



 クリスマスはそもそもキリスト教のお祭りです。

 アメリカはキリスト教が8割を超えており、次にユダヤ教、イスラム教と続きますが、

 クリスマスにユダヤ教徒は「Hanukah(ハヌカ)」を祝い、宗教色はないにしろ、

 アフリカ系アメリカ人は「Kwanzaa(クワンザ)」を祝います。


 つまり、"Christ=キリスト"の表現はキリスト教以外の人たちへは不適切である。
 という理由から、たくさんの人たちと関わりのある、サービス業の人たちは
 「メリークリスマス」というのを控える傾向にあるという訳なんです。


 実際、アメリカ大手のデパートで「クリスマスの挨拶は禁止」という店側と、
 それに反対する店員たちのニュースが先日ありました。


 結局は「Happy Holidays!」を使うことで一件落着したようですが、
 お店側としては、店内のディスプレイや、ショッピング袋や印刷物にも
 関係してくるため、どの層のお客さんも排除したくないという思いが
 あるようですね。。


 日本人にとっては「クリスマス」はまたちょっと違ったイベントとなっていますが、
 家族も友達も恋人もみんなハッピーであれば◎ですよネ★


    「Happy Holidays!」


 ☆--☆--☆ おしらせ ☆--☆

 年内は今日が最後の配信となります。

 読者のみなさん、そしてメールでもいろいろと応援していただいた方々
 今年1年間ありがとうございました。
 (本誌も先週でちょうど1周年を迎えましたヨ♪)



 それではまた来年も英ネタでお会いしましょう♪


 ★ Happy holidays to you and your family! ★
[PR]
by mmskt | 2006-12-22 09:00 | 編集後記

特別編 Vol.3

【ネイティブ流ひとこと】


 ◆Good for you!!!(グーッd フォー ユー )


 相手の良いニュースを聞いて「やったじゃん!!」と

 一緒に喜びを表すときの一言です。


 (わたしが昔、高校受験のお手伝いをしていた時の子がこのたび、見事、
  希望の大学に合格したとの事で、その報告を先週受けました♪

  高校へ行ってさらに勉強を頑張ったらしく、英語の成績も常に上位だった!
  と嬉しそうに話してくれました。)


 同様の表現にこういう言い方もありますヨ↓




 ◆Way to go!(ウェィ トゥ ゴー!)


(例)
   A: I passed the exam!! (試験通ったよー!)

   B: Way to go ! (ヤッタネ~!)



 いづれも「良かったね」「良くやったね」「でかしたぞっ」
 という時に使えます。


 スポーツ観戦の時の、頻出表現でもありますね♪
[PR]
by mmskt | 2006-12-15 09:00 | 編集後記

特別編 Vol.2

 【ネイティブ流ひとこと】 ---Decision Makerからのひとこと


 ◆Sit on it!(スィt オンニィッt )


 直訳では「それに座って!」という意味ですが、


 「座る」→ 「そのままの状態をキープする」


 ⇒「座して待つ」というニュアンスで使われることがあります。


 場合によっては直訳解釈してしまうと「? ? ?」話が通じなくなるので、

 頭は常にやわらか~く、イメージしながら会話すると良いですよ!



 直訳してしまうと「??」な表現をもうひとつ・・・↓




 ◆Step on it!(ステップ オンニィッt)


 「Step on」通常の訳では「踏む」となりますが、

 これが、車の中での会話だとしたら・・・


 「Step on」するのは、車のペダル=アクセルになります。


 ということは ↓ ↓ ↓


 「Step on it!」→ 「急いで!(アクセルふかして!)」


 という意味になります。



 【例】I don't have time, step on it, please!

(わたし、時間ないの!お願い、急いで!!)



 英語のこういった表現って面白いですよね♪♪

 これが、会話内で使えるようになると、もっと楽しくなりますよ!
[PR]
by mmskt | 2006-12-08 09:00 | 編集後記